MENU

食前に食べると血糖値を下げる食品

食前に食べると血糖値を下げる食品

 

食前に●●すると、というタイトルの本や雑誌が増える中、当然血糖値についても食前にある食品を食べるだけで急激な上昇を抑えることが可能と言われています。では、具体的にどういった食品が食前に食べることによって血糖値を下げるのに役立つのでしょうか。

 

黒バナナ

黒バナナとは品種とかではなく通常のバナナに茶色と黒の斑点がでているものの中でも黒い斑点が全体の6割ほどに達しているものを指します。
これはシュガースポットと呼ばれ、熟成したという合図であるといわれています。

 

この黒バナナは通常のバナナと比べても血糖値の上昇が緩やかな上に、免疫を高める効果や便秘解消効果などがあります。食物繊維も多く含まれているため血糖値の上昇をゆるやかにしてくれます。

 

ただ、毎日一本食べるとGI値33程度とはいえ糖分は30g程度あるため家族と分けるなどの工夫は必要。血糖値を下げ、胃腸の消化を助ける牛乳、乳酸菌の多いヨーグルトと混ぜたバナナジュースにしてみるのもおすすめです。

 

毎日ではなく、週に2~3回ほどで体重や血糖値を見ながら様子を見ましょう。

 

牛乳

牛乳は食前、食中に飲むことにより胃に膜をはり胃腸を守るだけでなく、血糖値の上昇を緩やかにする働きがあることが報告されています。その効果は弱い血糖値抑制の薬と同等以上の効果を発揮するとして注目されています。

 

糖質を食べすぎる機会があるときは事前か食中に牛乳を飲むようにするだけでも良いでしょう。

 

サプリメント

健康補助食品であるサプリメントの中でも血糖値上昇が抑えられる食材をサプリメントにしたものは下手な食品をとるよりも効果的であるといった意見も多いようです。

 

サプリメントの中では食材として手に入れるものも難しいものも多いため、食材だけではどうしても血糖値を下げるのが難しいと感じているならば一度試してみるのをおすすめします。

 

では、具体的にどういったサプリメントが良いのか、口コミや配合成分などを考慮したものをご紹介します。

 

血糖値サプリメントランキング

 

フィットライフコーヒーの特徴

累計1億杯を突破し、15年以上ロングセラー中の血糖値対策ができる特定保健用食品(トクホ)。

トウモロコシが原料の難消化デキストリンを配合していますので、食後の腸から糖分が血液中に流れるのを抑える働きがあります。これにより血糖値の過剰な上昇を抑える働きがあるため、手軽にできる血糖値対策として愛されているのです。

もちろん、コーヒーの味にもこだわり、コーヒー好きにも納得の味わいをカップに1包入れてお湯を注ぐだけで実現。
また、一杯当たり50円(初回)程度で続けることができるので、缶コーヒーよりも安いコスパもの良さも人気の秘密です。

使い方は簡単で、食前食中に一杯フィットライフコーヒーを飲むだけ。どうしても炭水化物をやめられないときや付き合い上仕方ないときなどにもお手軽に血糖値対策をできるのもうれしいですね。

現在、50%OFFキャンペーンを実施中です。

 

フィットライフコーヒーのおすすめポイント
  • 血糖値対策ができる特定保健用食品(トクホ)
  • 累計1億杯を突破し、15年以上ロングセラー
  • 難消化性デキストリン配合
  • カップに1包入れてお湯を注ぐだけ
  • 一杯当たり初回50円程度
  • 50%OFFキャンペーンを実施中

口コミ
愛用しております。かれこれ数年の付き合いになると思いますが始めてから食後血糖の症状で悩むことはなくなりました。どうしても炭水化物がやめられないときにこれと出会い、本当に助けられています。現在では炭水化物の量も減らすことができましたが、たまに食べるときのお供として飲んでいます。味もおいしいので本当に良い商品だと思います。
71歳/男性
コーヒーの味としてはインスタントコーヒーと同じくらいのおいしさはあります。本格的なものには当然及びませんが缶コーヒーくらいしか飲まなかった私には十分だと思います。 血糖値もおかげさまで食後血糖だけでなく空腹時血糖まで減りました。直接減らす効果はないようですが、州感づいたのが良かったのかもしれません。体重も少し減ったのも影響しているかもしれません。なくなると困るので末永くお願いいたします。

61歳/女性

価格 3132円
評価 評価5
備考 60杯分(2ヶ月分価格)
 

白井田七の特徴

サポニンという成分をご存知でしょうか?
サポニンは、血糖値を下げる効果が期待できる成分の中でも効果的と言われており、糖と脂質が合体するのを防ぎ、コレステロール値の改善なども期待できる成分です。

そんなサポニンを多いとされる高麗人参の7倍含んだのが田七人参という植物です。
田七人参は、中国では「金不換」(金に換えられない)と言われるほど希少な植物でした。サポニンだけでなく、フラボノイド、必須アミノ酸19種、ビタミンB群などのビタミン類、亜鉛や鉄など高い栄養価があることで知られています。

白井田七では、有機栽培でJAS認証も受けている品質の高い田七人参のみを使用しています。
そんな田七人参をトップクラスに配合した上、有機玄米を使用し、圧力のみで固めてサプリメント化しているので添加物が気になるという方にもおすすめです。

15日間返金保証の上、初回39%OFFキャンペーンも実施中です。

 

白井田七のおすすめポイント
  • 中国では「金不換」(金に換えられない)と言われるほど希少な田七人参サプリ
  • インスリンと似たような働きをするサポニンを豊富に含有
  • フラボノイド、必須アミノ酸19種、ビタミンB群などのビタミン類、亜鉛や鉄など高栄養価
  • 有機玄米を使用し圧力のみでサプリ化
  • 15日間返金保証

口コミ
食後血糖値は確かに下がります。薬の利用もお医者様と相談してやめることができたので助かりました。続けるには安くはないお値段ですが、血糖値が異常に高い状態だった私には薬だけでは不安だったので買って後悔はありません。
63歳/女性
糖尿病の疑いがあるといわれて、いろいろ調べてコチラにたどり着きました。サポニンの量が多いおかげか血糖値は少し下がってきました。まだまだ気は抜けませんが薬は怖いのでなんとか続けたいと思います。
51歳/男性

価格 3980円
評価 評価4.5
備考 初回特別価格
 

糖素減の特徴

ゴーヤーが血糖値に良いという話を聞いたことがあるでしょうか。

ゴーヤーには、インスリンと類似する働きを持つチャランチンやモモルデシチンが含まれており、さらにチャランチンにはインスリンを分泌するすい臓の細胞の働きをよくするといった報告もあります。

そんなゴーヤーの中でも特にチャランチン・モモルデシチンの含有量が多い「蘭山苦瓜」を100%使用して「一本を一粒」に濃縮して配合したのが糖素減というサプリメント。
しかも、一日当たり5-7粒程度が目安なので毎日5-7本のゴーヤを食べているのと同等の効果が期待できます。

現実的にゴーヤーを一日一本以上食べ続けるのは困難なので、ゴーヤーの力を取り入れたいという方にはピッタリのサプリメントです。

万が一体に合わないという方のために全額返金保証を行っています。

 

糖素減のおすすめポイント
  • インスリンと類似する働きを持つチャランチンやモモルデシチンを多く含有
  • チャランチンやモモルデシチンをゴーヤの七でも多く含有する品種、蘭山苦瓜を採用
  • 蘭山苦瓜一本を100%使用して「一本を一粒」に濃縮して配合
  • 一日5-7本のゴーヤを食べているのと同等の効果
  • 全額返金保証

口コミ
ゴーヤが血糖値の低下に効果があるという記事を見ていていろいろみたところこちらがよさそうなので購入してみました。粉タイプも飲んでみたのですが、どうしても味がダメだったのでカプセルタイプはありがたいですね。
69歳/女性
これを飲み始めてから本当に薬の量を減らすことができました。ついでにガンにも効くとネットで見て本当にやめられないです(笑)薬はこのままいけば来年中にもやめることができるかもしれないそうなので糖素減飲んで頑張りたいと思います。
58歳/男性

価格 9600円
評価 評価4
備考 定期コース価格(初回20%OFF)

関連ページ

ウェルネスダイニング
ウェルネスダイニングをご紹介します。
血糖値を下げる飲み物
血糖値を下げる飲み物についてです。
血糖値を下げる運動
血糖値を下げる運動についてです。
血糖値が高いとどうなる?
血糖値が高いとどうなるのかについてです。
血糖値を上げない食べ方
血糖値を上げない食べ方についてです。
ためしてガッテンで紹介された血糖値を下げる方法
ためしてガッテンで紹介された血糖値を下げる方法についてです。