MENU

血糖値を下げる運動

血糖値を下げる運動

 

健康寿命を増やすうえで、運動は欠かせません。
有酸素運動、筋肉しっかり血が送られると、血液内にある糖分がガンガン使われ結果的に血糖値が下がることになります。 この有酸素運動を継続することにより、 インスリンの効果が高まると言われています。

 

では具体的にどういった運動がおすすめなのでしょうか。

 

1.ウォーキング

今まで運動習慣がなかった人が急に運動をすると体を壊したり、体の筋を痛めたりなどする可能性があります。その後中強度の運動を始めるにして運動習慣がない場合がまずはウォーキングから始めるのが得策です。

 

ウォーキングでも膝や腰などに負担があるという方は、市民プールなので水中ウォーキングをすることをお勧めします。

 

2. ふくらはぎの筋力トレーニング

ふくらはぎは第二の心臓とも言われている、体の血流にとって大きな意味を持つ筋肉です。 ふくらはぎを鍛えることで、有酸素運動をしなくても血糖値が下がったと言った報告もあることからふくらはぎの筋力トレーニングは優先的に行いましょう。

 

代表的なふくらはぎの筋力トレーニングにはつま先立ちがあります。
壁に手をつきながらでもいいので、ゆっくりと30分を目安に行いましょう。

 

3.階段の上り下り

階段の上り下りは、下半身の筋肉強化にうってつけです。 雨の中で最も大きい太もも筋肉を使うことで新陳代謝が増え、消費カロリーが上昇します。

 

運動と一緒に食事療法も行うのが基本

運動だけで血糖値の改善をするというのは困難です。
血糖値を上げる原因となる高GI食品の摂取量を控えることや、 はじめに食物繊維たっぷりの野菜などを摂取することによっても血糖値の急上昇を抑えることができます。

 

ただ、 糖質制限を始め、血糖値を急上昇させない食事作りというのはそれなりに技術はいます。あまり料理が得意ではない人や毎日の献立作りが大変という方には、管理栄養士監修のお弁当を利用することも検討しても良いかと思います。

 

中でもおすすめはウェルネスダイニングというサービスです。

ウェルネスダイニング


ウェルネスダイニングで血糖値が高いという方におすすめしたいのが、糖質制限気配り宅配食。このお弁当ではカロリー240kcal以下、塩分2g以下、糖質15g以下といった糖質の摂取量を極力抑えたいという方のために管理栄養士が監修したお弁当を宅配してくれるといったサービスを行っています。


もちろん、ただの制限食ではありません。
そのままでおいしく食べられるように追加の調味料はいらないほど充実した味付け、緑赤黄といった三色の食材を取り入れる彩り鮮やかな盛り付けに加え、制限食特有の量の少なさはなくボリューム感たっぷりで食べた人が満足するように作られています


GI値が低い食品を中心的に取り扱うというだけでなく食べ合わせも考えられているので、プロならではの血糖値への気遣いが盛り込まれています。


しかも、毎日お届けタイプや個別購入タイプではないので、毎日受け取るタイミングに家にいなければいけないということもなく、メニューもお任せで豊富な種類がありますので、飽きが来ません。


冷凍で届けられるので好きなタイミングで食べられるというのもうれしい配慮の宅配サービスです。


 

関連ページ

ウェルネスダイニング
ウェルネスダイニングをご紹介します。
血糖値を下げる飲み物
血糖値を下げる飲み物についてです。
血糖値が高いとどうなる?
血糖値が高いとどうなるのかについてです。
血糖値を上げない食べ方
血糖値を上げない食べ方についてです。
ためしてガッテンで紹介された血糖値を下げる方法
ためしてガッテンで紹介された血糖値を下げる方法についてです。
食前に食べると血糖値を下げる食品
食前に食べると血糖値を下げる食品についてです。