MENU

ためしてガッテンで紹介された血糖値を下げる方法

ためしてガッテンで紹介された血糖値を下げる方法

 

NHKためしてガッテンで紹介されていた血糖値を下げる方法にはどのようなものがあるのかご紹介いていきます。

 

睡眠障害が血糖値の異常をもたらす?

睡眠障害が血糖値の異常をもたらすということをご存知でしょうか。シカゴ大学をはじめ、研究機関の多くから報告されています。

 

医師に睡眠障害を指摘されたという場合には、睡眠障害を改善することで血糖値が下がる可能性が高いのです。ただし、自称睡眠障害で睡眠薬を飲んでも効果があるとは言えませんので、自分が睡眠障害も持っているかも?と思ったら独断で判断せず医師の診断を受けるようにしてみましょう。

 

脳を活性化することで血糖値ダウン

「骨ホルモン」という言葉をご存知でしょうか。
骨ホルモンは現在注目の物質で骨を上手に刺激することにより分泌されます。この骨ホルモンが少ないと血糖値が高い傾向にあることがわかりました。理由は現在でも明らかになっていませんが、タンパク質の糖化という現象が関係しているといわれています。

 

この骨ホルモンを増やすにはかかと落としという運動がおすすめだそうです。
かかと落としというと格闘技というイメージがありますが、まさしくそのようなイメージで姿勢を正し、ゆっくりと足を真上に上げストンとかかとを落とすだけ、というもの。1日30回を目標にしましょう。

 

ただし、関節疾患・骨粗鬆症など運動に制限がついている場合、転倒の恐れがある場合は行わないようにしましょう。

 

食べて糖尿病大改善

血糖値が高くなってしまうのは、なんらの原因でインスリンの働きが弱まっているから。インスリンはすい臓から分泌されますが、このスイッチとなるのが「インクレチン」という腸から分泌されるホルモン。

 

そのホルモンを多く押すためには一つは先に野菜を食べ、次に魚を食べることがあげれられます。魚はこのスイッチを効率よく押すスイッチ食材なのです。

 

もう一つは腸内環境の活性化。
善玉菌のエサとなる水溶性食物繊維が多く含まれる食品、大麦やごぼうなどを積極的に摂取することで血糖値の改善が期待できるのです。

 

毎日の糖質を摂りすぎないようにするのが肝心

血糖値はなんだかんだいっても糖質をとりすぎないようにすることが肝要です。

 

しかし、どうしても食べてしまう、気を付けているつもりでも血糖値が上がってしまうという場合には、管理栄養士が監修したお弁当サービスを頼んでみるのもいいかと思います。

ウェルネスダイニング


ウェルネスダイニングで血糖値が高いという方におすすめしたいのが、糖質制限気配り宅配食。このお弁当ではカロリー240kcal以下、塩分2g以下、糖質15g以下といった糖質の摂取量を極力抑えたいという方のために管理栄養士が監修したお弁当を宅配してくれるといったサービスを行っています。


もちろん、ただの制限食ではありません。
そのままでおいしく食べられるように追加の調味料はいらないほど充実した味付け、緑赤黄といった三色の食材を取り入れる彩り鮮やかな盛り付けに加え、制限食特有の量の少なさはなくボリューム感たっぷりで食べた人が満足するように作られています


GI値が低い食品を中心的に取り扱うというだけでなく食べ合わせも考えられているので、プロならではの血糖値への気遣いが盛り込まれています。


しかも、毎日お届けタイプや個別購入タイプではないので、毎日受け取るタイミングに家にいなければいけないということもなく、メニューもお任せで豊富な種類がありますので、飽きが来ません。


冷凍で届けられるので好きなタイミングで食べられるというのもうれしい配慮の宅配サービスです。


関連ページ

ウェルネスダイニング
ウェルネスダイニングをご紹介します。
血糖値を下げる飲み物
血糖値を下げる飲み物についてです。
血糖値を下げる運動
血糖値を下げる運動についてです。
血糖値が高いとどうなる?
血糖値が高いとどうなるのかについてです。
血糖値を上げない食べ方
血糖値を上げない食べ方についてです。
食前に食べると血糖値を下げる食品
食前に食べると血糖値を下げる食品についてです。